格安飛行機ってどうやって予約する?その予約の仕方とやるべきでないことは?

値段が安いということもあって、どんどん利用したいのが格安飛行機ですが、一体どのようにこれを予約するのか知らないと困ってしまいますよね。

そこで、格安飛行機の基本的な予約の仕方と、その際にやるべきでないことについてもありますから、ここではご紹介していきたいと思います。

格安飛行機の基本的な予約の仕方はインターネットが絶対!

それでは、格安飛行機に乗る際には、どうやって予約をするのでしょうか。予約ができなければ、新幹線や日常敵に乗る公共交通機関とは飛行機は異なりますから、乗ることなんてできませんよね。

もちろん、空港で直接予約もできますが、空きがあるとは限りません。そんな格安飛行機の予約方法、一言で言えば、インターネット予約ができなければ、お得に乗ることはほぼできないといって良いでしょう。

格安飛行機という言い方をすると、ちょっと混乱しますが、いわゆる、LCC(今、巷をにぎわしている、最安値で航空券を発行している航空会社と思っていただいて間違いありません)と、格安航空会社の2つに分けられます。

どちらであっても、人的コストをかけないからこそ安く航空券を提供できるというベースは変わりません。ですので、どちらも、基本的には、インターネットで予約することがマストなのです。それもこれも、人的コストをカットするためです。

サービスカウンターに人を置けば置くほど、もちろん人件費がかかってきますよね。だからこそ、自己責任という意味でも、ご自身で、格安飛行機を出している航空会社のホームページなどからインターネット予約するのがベースとなり、これによって、大手航空会社よりも値段を抑えることが昔から出てきています(実際には、それ以外にもコストカットしている部分はたくさんありますが)。

これは消費者にとってもメリットがあり、24時間365日、インターネット環境があるどの場所からも予約ができます。さらに、最近では、こういった格安飛行機独自のマイレージプログラムも用意されているので、特に同じ路線を行き来する方にとっては、ありがたい者も用意されていておすすめです。

格安飛行機の予約は、インターネット以外でもできるものなの?

気になる所は、インターネット予約がベースとなっていr格安飛行機、これを利用したいという時に、インターネットを使うのが怖いとか、得意ではないという方も、いまだに多くいますよね。

特に、年配の方であったり、セキュリティに関して敏感に反応してしまうという方は、こういった傾向にありますが、どの格安飛行機でも、インターネットだけで航空券を販売しているわけではありません。

ただし、インターネット予約することが、エクストラ費用が、「通常」の予約をすることに関してはかからないということで、これを選ぶ方がほとんどです。しかし、それができないとか、不安だという方には、きちんと、サービスカスタマー、つまり、電話受付センターが用意されていますから、安心してください。

ただし、通常、LCC(格安飛行機の中でも、ローコストキャリアという分類に区分される新しいタイプの航空会社)の場合は、必ずといってもよいほど、必ず、エクストラ費用が発生します。エクストラ費用とは、電話代だけでなく、電話で行う予約に対してとられる手数料です。

電話代に関しては、一律いくらとなっている航空会社もあるのですが、そうでない所は、大体、電話がつながるのは首都圏近郊となっていますから、地方となればなるほど、当然高くなります。フリーダイヤルの設置があっても、なかなかつながらなかったりと、あまり快適な予約ができないということがデメリットとなります。

このように電話でも、一般回線とフリーダイヤルがあったり、旅行会社でメールや電話、FAXなどでも予約することができます。

旅行会社へ頼む場合は、数百円程度の予約手数料が航空券にあらかじめ加算されていることもありますが、それでも、困った時にも助けてくれるので、ネット予約するより安心で安全と言える、おすすめの予約手段です。

格安飛行機の予約は、電話ですると、電話代と手数料で高い!

ハッキリ言って、格安飛行機の予約は、絶対にインターネット予約するのが1番です。なぜだかわかりますか?人件費がかかっていないので、安くチケットを提供できるからなのです。

しかし、それ以外の方法となってしまうと、基本的には、人件費がかかってしまうものばかりとなります。それが、インターネット予約ができない方が利用されるであろう、電話予約です。

電話での予約の方が、安心できますし、プロに飛行機を予約してもらえるので、安全で按針であるということが言えます。そのため、これを利用したいでしょうが、これを無料で利用したいと思うのであれば、大手航空会社を利用した方が、断然お得です。

その費用は別途かからないためです。ただし、大手航空会社の航空券は、格安飛行機よりも、ベースから高いため、予約面でお金が浮いても、肝心のチケット代ですが、そんなに得をしたということを感じないのです。

だからこそ、格安飛行機を利用して、その予約をインターネットにすることで、待たずに予約でき、無料です。もし、電話で格安飛行機を予約するとなったら、予約センターへ通ずるまでに、時間がかかるので、それで電話代がかかるのはもちろん、予約自体にも時間はかかるので、その分のお金が徴収されます。

フリーダイヤルも用意されていますが、ほとんどの方がこのダイヤルを狙ってかけるので、待たされる時間はかなりありますし、いつつながるかわかりません。となると、優先ダイヤルにかけますが、これも、時間帯によっては混みあうので、その際には、電話代がどんどん加算されてしまいます。

ですので、インターネット予約が自分でできないのであれば、ご家族や知り合いにできるだけやってもらうようにすることで、無駄な出費や時間を抑えることができますよ。

手数料なく予約が電話でもできる格安飛行機ってあるの?

格安飛行機とくくると、LCCだけでなく、格安航空会社も含めて良いでしょう。ただし、この違いがわからない方が圧倒的に多いかと思いますので、それをご紹介すると、格安航空会社というのは、LCCではなく、大手航空会社と、LCC,ローコストキャリアの真ん中の地位にあり、古くから日本にも存在した、スカイマークのような地位にあります。

一方、LCCというのは、ローコストキャリア、これは、日本で生まれたものもあれば、海外のものもあり、日本のLCCであれば、ピーチ航空などが有名どころでしょうし、アジア地区であれば、エアアジア、チェジュ航空などが挙げられ、この近辺を周遊されている方は、もう何度も使われたことがあるのではないでしょうか。

そもそものサービスや、シートピッチなども格安航空会社とLCCでは異なり、格安航空会社の方が上にあります。こういった格安航空会社と呼ばれる格安飛行機は、、基本的に電話予約しても、予約手数料は別途はせ営しません。

例えば、スカイマークやスターフライヤーがそれに値しますが、お得な価格を、今までのサービスと共に利用できるという、最高の格安飛行機となっています。しかし、ピーチ航空であったり、ジェットスターなどのLCCともなれば、同じ「格安飛行機」というくくりであても、これらは、電話予約にお金をとります。

もちろん、通話料金も取られてしまうので、手短に済ませなければいけないというプレッシャーもあります。格安飛行機の中でも色々な予約の仕方があり、予約によってお金の有無がかかわってくるということも、ここで知っておいていただければ、今からどんな状況にも合わせて、インターネット予約ができるよう、訓練しようと、皆さんが思いますよね。

格安航空券 国内 予約はこちら